交通事故の被害状況

交通事故の被害にあった場合、被害者が任意保険に加入していれば、その後の話し合いは保険会社の担当者との交渉になります。交通事故には「過失責任の原則」というものがあり、損害保険の場合は故意や過失が認められなければ責任を負わなくてもよいというものです。当たり屋などがそれに当てはまります。そうした事実が加味され、過失割合というものが取り決められます。

過失割合とは加害者と被害者の過失割合のことで、交通事故の被害者になっても100%過失なしということはほとんどありません。歩行者の場合であれば、信号が青だったか、横断歩道上で遭った事故がそうです。車同士の場合は追突、センターラインオーバーなどしかありません。怪我がなく、物損事故ならば修理に掛かる見積もり通りの賠償になるのが一般的です。

問題は怪我をした場合です。治療費や入院費は当然ですが、通院に掛かる交通費、負傷による慰謝料、後遺症に対する将来への介護料など保障の内容も数多くあります。また、働いている場合は休業に対する休業損害もあります。事故にあわなければ必要なかった費用なのでもらえて当然ですが、保険会社もすべて支払ってくれるとは限りません。話し合いで揉めてしまったとき、個人で交渉しようとしてもなかなかうまくいきません。そのような場合は、弁護士に依頼するのが有効です。

 

交通事故で弁護士に依頼

交通事故の弁護を法律事務所に依頼すると、費用はいくらくらい掛かるのでしょうか。民事事件を弁護士に依頼をすると、着手金は20万円程度と言われています。交通事故も民事事件ですので、相場はおよそ20万円です。これに報奨金として、依頼による賠償金アップ分の10%が加味されます。弁護士への依頼は賠償金がいくらになるかも考慮して決めましょう。

では、実際弁護士に依頼した場合の流れをご紹介します。事故が発生したら、まず警察へ連絡を入れなければなりません。通常、連絡義務は加害者にありますが、加害者はパニックになっている場合が多いので冷静に対処しましょう。次に考えなければならないのは、目撃者の確保です。被害者と加害者の証言は、しばしば異なることがあります。第3者の目で判断してもらうようにしましょう。

その後は現場の状況把握が必要です。これは弁護士に依頼する場合もあります。しっかり状況を説明できるようにしておいてください。また、大丈夫だと思っても必ず医師の診断を受けるようにしましょう。交通事故の場合、すぐには症状が出ない場合もあります。必要に応じて通院・治療を続け、症状固定で治療終了です。この時点で後遺障害の認定を行います。これによって、後遺症が出た場合損害賠償が請求できます。

治療費、損害賠償の清算と請求を行います。ここで損害賠償請求の金額を話し合うことになりますが、主に弁護士が必要になるのはこの部分です。依頼しておくと、自分に代わって加害者の担当と交渉をしてくれます。示談交渉が無事終了したら、費用の決定、損害賠償の支払いで交渉終了となります。すべて済んだ段階で弁護士に報酬金などを支払い、作業の完了となります。

加害者との示談交渉において、揉めない方がよいに決まっています。しかし、弁護士に依頼することによって、より多くの賠償金を得ることができるならば相談した方がよいでしょう。最近では、初回相談を無料で受けてくれる法律事務所もありますので、遠慮せずに訪ねてみましょう。

TOPIC⇒交通事故被害者救済サイト