交通事故にあったとき

車社会と言われるようになり久しく経ちますが、当然車の数が増えた分交通事故も増加しました。ここ10年くらいは交通事故も減少傾向にあるとはいえ、やはりまだまだ少ないとは言えません。実際に、交通事故にあわれた方もいるとは思いますが、そんな時あなたならどう対処しますか。事故にあったということは、被害者になります。交通事故が起きた場合、起こした方に事故処理の責任が生じます。では、本当にすべてを任せて安心なのでしょうか。

交通事故の被害にもさまざまなケースがあります。歩いていているとき、自転車やオートバイに乗っているとき、車に乗っているときなどです。当然、乗り物に乗っているときよりは、徒歩の方が被害は大きくなります。そのとき気を付けなくてはいけないのがひき逃げです。死亡事故の場合は検挙率も90%以上ありますが、重傷事故の場合70%に下がります。捜査への力の入れ方にも原因はあるのでしょうが、自己防衛も必要になります。実際事故にあったとき、何をすべきなのでしょうか。

交通事故の被害にあった場合は保証の義務は加害者にあるため、被害にあった側がするべきことはほとんどありません。逆に相手に主導権がいき、言いなりになってしまう可能性もあります。交通事故による賠償の義務は加害者にあり、保険会社の担当は加害者からの依頼になります。担当者にとって慰謝料の金額は当然低い方がよいので、賠償金は抑えようとします。そのような場合は自己防衛の手段として、弁護士への依頼が必要になる場合もあります。当サイトでは交通事故の被害に遭ってしまったときの対策をご紹介いたします。